FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔っぱらい

2014/12/02 16:39
結局彼はいかなかった

こんなことになるなら
温泉で我慢してもらわなければよかった、とも思う

彼は年齢だ、仕方ないと言うけれど
また余計なことを考えたりする

変態行為じゃないとイケないのかも
なんて言ったりする

だったら今度縛ってくださいとお願いする

5月のときのような感情はまた
訪れるだろうか


ホテルを出て彼の車で食事をしに出かけた
このあたりは実は彼の職場だったところの近くだ

一応店は当たりをつけてあったが
彼が連れてってくれたのは
私が行きたいけど、高そうだからと候補から外してたところだった

人気の店みたいで、予約ですかと聞かれたけど
なんとか滑り込めた

この地の特産のもの
そしてお酒
ビールに焼酎に日本酒に
二人で飲みまくった

話すのは日々のこと
生活のこと
席が向かい合わせだったから
あまり自分の想いを話すようなことはなかった

酔ってるときくらいしか
本音は聞けないのに

そして閉店時間まで飲み続けて
彼と駐車場で別れた

別れ際に一瞬だけキスをして

私はタクシーでホテルへ戻る

その途中だったか
着いてからだったかもうわからないくらい酔ってたけど

号泣した

辛かった
嫌だった
悲しかった

彼が誕生日プレゼントを
また今年もくれなかったことが
引き金になったのか

嗚咽する勢いで泣いた



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。
あまり上手に伝えられませんが
頭の中で同じことがどうしようもなく
ぐるぐるループしていても
きっと少しずつ前に進んでいけますよ。



Re: No title

Trinityさま

コメントありがとうございます

前に進んでるのか後退してるのか停滞してるのか

彼に自分が思ってることを伝えようって意識がないから
わたしはいつまでもぐるぐるしっぱなしなのです




Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。