FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな始まり1

2014/05/06 23:15
1ヶ月なんてあっという間だった
それまでの長い時間に比べたら

数日前早く逢いたいという私に
俺もだ、と応える彼

請われているということは
それでいいのだという安心感を与えてくれる

1時間余をかけて仕事場から直接待ち合わせ場所に向かう
彼より少し遅れて到着した

車を置いて彼の車に乗り込む
逢う瞬間はいつも嬉しくて仕方ない
いつの通りに言葉を交わして
すぐそばのホテルへ移動した

今日はいつもと違うはず
前回のことを受けてどうなるのかは
全く予想できなかった

どうするのか様子を伺う

彼はソファに座り
「舐めろ」と言って
足を差し出した

ああ、そうくるのかとなんとなく思い
言われるがままに
彼の靴下を脱がせて
指を舐めた

臭いだろう?

全然そんなことはなかった
そういうことを想定して
綺麗にしてきてるはずなのだ

そういうところに優しさを感じてしまう

丁寧に彼の足の指を舐め続ける
右から左へ
這いつくばったまま

俺の奴隷になるか?
そう問われた

そんなの即答だ
「はい、なります」

何の迷いもない

すべての準備は出来上がってた
2年の間に
彼のことを愛し、信頼し、すべてを委ねる

信頼なんて一朝一夕にはできない
心からすべてを委ねるなんて
人を信じることができない私には
到底無理なことだった

2年という時間をかけて少しずつ
投げかけて
泣きながら訴えて
確認して
ここまでは大丈夫だという線を
少しずつ近づけていった

彼が着衣の上から縄をかけていく
胸を絞りだすように
ぎりぎりと締めあげられる

縄をかける彼の息が上がる
興奮しているのだ

その息遣いが
私をも興奮させる

私のために
自分のために
縄をかける


過去に縄をかけられたことは
何度かあって
その時の相手は
その場限りの相手であった

縄酔いなんてものもなく
ただ
自分で着ることのできない着物を
着せられているような感覚しかなかった

縄自体に想いは特になかった
そうしたいならそうすればいい
その程度にしか思っていなかった

でも今は違う

愛しい人が私のために
縄をかけるのだ

私が陶酔できるように
自分の欲望を受け止めさせるために

その想いに酔っていた

そんな余裕があったのは
このときまでだった





Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

よかったですね!

わ〜!なんか、自分のことのようにうれしいですー!
その先が・・・^^;
楽しみにしてます。



今までは

nanaさん

なります、って言っても
口だけだったんですけど
何の迷いもありませんでした

読んでくださる方が増えてきてるので
忘れないうちに書いてしまいたいと思ってます

とはいってもあんまり細かく覚えてないのですけどね、、



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。