FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と太陽1

2013/12/23 00:55
いつもそこにある
揺らがない
変わらない

太陽のような貴方

私が揺れていても
隠れてしまっても
求めればそこにある



やっとやっと待ってた日が来た
真夏のデートからちょうど4ヶ月経ってた

いつもデートをする二人の間にある街に車を置き
そこから長距離バスに乗った

一番最初の時にも乗ったバス
すごく緊張してたことを思い出す
「初めて逢う男に抱かれに来るんだから当然だろ」
そんなことを言われたな

彼の住む街の近くを通り過ぎ
街中へ向かう
この街へ来るのは小学生の修学旅行以来だ

ホテルにチェックインして身支度を整える
化粧を直して着替える
真っ赤なセーターに黒のふんわりしたスカート
最初のときにも履いてたガーター風のタイツ
最初のときにもつけてたガーネットのネックレス

街中で逢うことなんてなかったから
今まであんまりおしゃれは出来なかった
だから今日はクリスマスも意識しておしゃれしてみた

彼が来る時間までしばらくあったから
ホテルを出て中心地へ向かう
探してたカレンダーを買って
おいしそうだったデザートを買って
そうしていると彼からメッセージが入った

「今どこ?」
街中にいるから今からホテルに戻りますと伝える

ホテルに戻ってからすぐに部屋の電話が鳴った
「~号室です」

ドアの覗き窓から見てると
彼が、来た




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

どきどき、はらはら。

あなたのエントリーを
見守っています。

きっと、想像以上の
喜びと、感激に
すべてが包まれる時間であると
思って、見ています。

あなたの笑顔を想像して・・・



これから

ココアさん

いつもありがとう

うまく書けるかどうか
感じたものはたくさんあるのだけれど…



No title

はじめまして。
和巳と申します。

本当に彼を求めていらっしゃるんですね。
その思いが伝わります。



No title

和巳さん

そう読み取っていただけてとても嬉しいです

もはやSMでもなんでもないのですけどね



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。