FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり

2013/10/03 01:11
春から夏にかけて
いろんなことがあった

春に会った人たちとの関わり
彼との関わり

複数も4月以降2回した

でも
そのやり方で食い違いが生まれて

私はまためんどくさくなって
投げ捨ててしまった

そんな中で彼とも逢っていて
やっぱり彼のことが一番好きなんだと
再認識する

テクニック的に秀でてるわけじゃない
私の望む愛撫をしてくれるわけでもない

でも感じる
そして満たされる

それはやっぱり
心が伴ってるから

奉仕したいと思う
愛おしいと思う
アナルだって舐められる

普段はとってもそっけないし
電話してくれるわけでもない

彼に合わせているところは多いにある

最初に「見返りを求めてはいけない」と
釘を刺されたことを
私は忘れてはいない

それでもやっぱり
彼のことが好きだ

でもそれでも
私は私であることを止められない




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。