FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本質11<終>

2013/08/18 23:16
そうして4時間以上続いた宴は終わった

Tは遅くなった理由をあれこれ考えている
Uはこのままここに泊まり
明日の朝帰る私を駅まで送ってくれるという

Tが冗談めかして、Uが襲うかもよと言いながら
帰っていった

さすがに疲れていたけど
気分は悪くなかった

Uとあれこれ話をする
話してみると感覚は近い気がした

セックスが好きなのかと聞かれて
そうだと答える
貞操という感覚が鈍いことも

Uは本当に私のことを気に入ったようだった

悪い気はしない

こっちのベッドへ入ってもいいかと聞かれ
いいよと答える

そうして結局はもう一度セックスをするはめになった

したければすればいい

そう思うということは
これだけの異常な行為をしても
私自身は何も変わっていないように思った

どこか冷めている
自分を大事にできない

そんなことは簡単には変わらない

でも自分の中にある異常な嗜好を
確認することはできたし
今まで抱いていたトラウマ的な感覚は
昇華された

それだけでも今回のことは
自分の中の本質を垣間見ることができて
よかったことだったと思えた

誰にも理解されることはないだろうと思う
でも自分が自分の中で抱えているものを
自分のこととして見ることができない私には
他人の力がどうしても必要だったのだ



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。