FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本質10

2013/08/18 23:05
敷かれたシートは役に立たなくなるくらいびしょびしょになってた
Tがそれを取り替える

取り替えてもなお溢れ続ける
それくらい感じていた

疲れた?とTが聞いてくる
まだ大丈夫と答える

飲みかけのカクテルを一気に飲むけど
全然酔わないままだった

3人目の男はかなり遅くにやってきた
Tがこいつはでかいんだぜと繰り返し言う

だから何?
大きくても下手だったらなんの意味もないのに

案の定、笑ってしまうくらいにその男は早漏だった
初めて会う女でも、そんなにすぐに逝ってしまうもんなんだなと

そうしてすぐにその男は帰っていった

この男にとってのセックスとは何なのだろう

私にとっては?

これは複数と言えど、望む展開ではなかった
まるでハプニングバーにいるみたいだ

自分が娼婦のように思える

でもそれはそれでよかった
道具のように扱われたいというのも
願望の一つであったから

男たちはみな私の中が相当気持ちいいと言う

括約筋を鍛えてるような状態の私には
挿入された男を締め上げることなど
簡単なことなのだ

そうして最後にTが私に覆いかぶさってきた

Tとは前日のこともあるから、少し感覚は違う

最後の最後に抱くことで
自分が一番いいと思われたい
そう言っていた

使われ続けていた私の膣は
少しの刺激でも大きな快感を生み出した

それにさらに電マを使う

声が止まらない
体内から溢れるものも止まらない

横でUが私の手を握る
「見られるのが好きなの?」

そう、なのかもしれない

喘ぎの合間にそうなの、と答えた
Uが手を強く握った

なんだろうこの感覚

認められてる
そう感じた

異常な自分を見ても
褒めてくれる

自分が押し隠してきたもの
ずっと出せなかったもの
長い間長い間
幼い時からずっと

あの土の上に寝かされて
囲まれていたずらされたときから
植え付けられた感覚が蘇り

それでもいいんだ、と
私は汚いわけじゃないんだ

かさぶたのように覆っていたものが
取り払われた気がした

その感覚を味わいながら
何度も何度も逝き続けた
声を枯らして叫び続けた

これでよかったんだ
そう思った



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。