FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本質9

2013/08/05 00:15
二人目の男はTと随分馴染みのようだった
TはUちゃんと呼んでいる

とにかく褒める
私のことを
顔も好みだと言う

そんなに言われることには
免疫がないから
逆に素直に受け止められなかった

キスはまるで恋人にするそれのようで
私もさっきよりは受け入れられるようになった

Tが電マを取り出し、Uが愛撫する横からクリトリスに当てた

実は自分でも電マは持ってる
自慰のときに使ったりする

でも自分のペースじゃない使われ方は
やっぱり強烈だ

だんだんと声が大きくなる

ラブホじゃないのに、と一瞬頭をよぎったけど
そんなことはすぐに考えられなくなった

Uが挿入してくる
さっきよりは全然濡れている
そしてそれはとても硬いと感じた

溢れそうになって、それを伝えたら
Tがシートを引いてくれた

安心して力を抜くと
とめどなく溢れ出した

それを見て男たちも声を上げる

快感に覆い尽くされて余裕はない
何も考えられない

こういう瞬間が欲しかった

ずっとずっと昔から
こうなりたかった

それは一人では到底叶えられないこと

長く自分の身体を自分で慰めてきたからか
軽い刺激では物足りない
深くいけないと不満足なのだ

男はたいてい自分が優先だ
フェラをさせて私が感じてないうちに挿入して
自分だけいく

そんなのは嫌で仕方なかった

複数なら誰かが挿入して
誰かが愛撫する
快感に隙間がないんじゃないか

そう思ったから
ずっとしたくてしたくてたまらなかったのだ



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。