FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本質6

2013/07/11 02:13
そしてその日が来た

夕方の約束の時間まで
旧友たちと時間を過ごしていた

それぞれ自分の子供を連れて
子供に振り回されながら
ランチしてデパートを巡った

自分の話しはあまりしなかった
離婚したことを少しだけ話して
あとは聞き役に徹していた

とてつもない違和感を感じる
もうこの輪には入れないのだと強く感じながら
笑顔を作っていた


彼に迎えに来てもらって
海辺のホテルに向かった

その道中彼はこんなことを言った

「複数に向いてないかもしれない」

昨夜の私はとてもおとなしく
こんな異様な行為には向いていないと言う


そんなことはないよ
知らないだけ


私はそう言った


そう、知らないだけ
私がどんなに淫乱で
どんなに欲しているか


言わないのだから当たり前なのだけど


いつからだろう
まるで男を漁るように
逢っては捨て逢っては捨てられ
そんなことを繰り返してきたのは


結婚もすぐに立ち行かなくなり
私は外に求めた

縛りもなくなった今
それまで以上に
今まで溜まりに溜まったどす黒い欲望が
だらだらと流れ続けているのだ


それを止める気もないまま
これからの時間に身を投じようとしていた




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

初めまして!
なんとなくこのブログにたどり着いて、ハマって、携帯で最初の記事から全部読みました。
やはり、幼少期のことってそのあとの全部に影響しますよね。私も虐待とレイプが原因で変な性癖と性格になっちゃいました。
また遊びに来させてください。



ありがとうございます

奈々さん

全部読んでいただいたなんて
とても嬉しい限りです

性格も性癖も幼少期の体験に起因します

40も過ぎてようやくそれらを少しずつ
解放できるようになってきました

遅筆ですがまた見にきてください
こちらからもお邪魔させていただきますね



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。