FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情景2

2012/11/20 01:09
ドライブインの駐車場に
少し離れて車を止めた

肩を引き寄せられて
胸に頬を乗せた

少し苦しい体勢

でも
右耳に響く
鼓動の音が心地よくて

そのまま過ごしていたら
眠りに落ちてしまった



短い時間で目が覚める
肩は抱かれたまま



彼の右手が促すように
私の手を導く

布地の上から
優しく撫でさする

伝わってくる熱
伝わってくる硬さ



触れているだけなのに
私の身体の奥に火が灯る

上着で隠して
ベルトを緩める


「舐めたいんだろう?」


はい、としか答えられない


現れたモノを躊躇なく口に頬張る
張り詰めている
少し濡れてる味がした

どのくらいの時間か
上着の中の空間で
息苦しくなりながらも
奉仕し続けた

荒くなる息
漏れる声

それらに
私の芯も濡れた

触れられていないのに
カラダが震える



やがて
合図の声で放出したものを
すべて飲み干した



嬉しい、と思った


そんなふうに思ったことは
今までなかったのに



彼にご褒美のつもりで
キスをねだった






Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。