FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1つの終わり

2011/11/06 22:54
昨日
彼から届いていた荷物を受け取った

開けてみると
お願いしていた携帯以外に入ってたもの

彼にプレゼントした
フォトフレーム
彼に貸していた
私が私を認めることができた本

本は貸したものだったから返したんだろう
同じものはもう持っていたんだけど

フォトフレームを返されたことは
多少ショックでもあった

物として残っていたものを
返すということは
思い出を残さないということだ



でも私にとっては
逆にありがたいことだった




別れを決めてから
何度かメールをやり取りしたけど

彼女とは別れたけど
今の自分は私を受け入れられない

そんなメールをもらって
私は鼻で笑ってしまった



自分がしたことは
なかったことになってるのかなあって…



そう思って
自分でやっぱり彼女とのことは
絶対に許せないことだったんだなって改めて思った



もう戻らない



彼がくれたものは大事なものだ
私が私を認めることができた
それは自分だけではできないことだったから



これからは
もう振り返らない
私の欲しいものを得るために
進んでいくんだ






Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

少しずつ。

少しずつ。
でも確実に前に進んで行く愛舞音さん。

応援しています。(o^-^o)



Re: 少しずつ。

>メグさん

遅くなってしまったけど

ありがとう

そういう言葉が
何よりも嬉しいのです



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



Re: いつも

鍵コメさま

ありがとう
ほんとにありがとう

それが何よりも嬉しいことです

本当に



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



鍵コメさん その1

ありがとうございます
忘れずにいてくれて

また立ち寄らせていただきますね
あなたの言葉はとても好きだから



鍵コメさん その2

忘れずにいてくれること
それが私には何より嬉しいこと

でも
あなたは誰なんだろう…

メアド知ってる人かな
予想はしてるんだけど

もしよかったら連絡くださいね



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。